天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 国際結婚では、日本人同士の場合と大きく違う点がいくつかあります

 日本人同士なら、役所に婚姻届を出せば、書類上の結婚は終了します。
 しかし、国際結婚の場合は少し違ってきます。


 結婚の手続きとダブル部分もあるので、簡単に書いておきます。

☆ 戸籍法
 まず 役所に婚姻届けを出すことは同じですが、戸籍の妻、または夫の欄に記載されることは有りません。
 なぜなら、結婚したからといって日本国籍に変わった訳では無いからです。
しかし、結婚暦として、私達日本人の戸籍には、どこの国の誰と結婚したと、記入されます。
 よく、結婚したのだから、入籍したのだろうと思いこむ人がいますが、もともと戸籍などというのは、中国・韓国・日本ぐらいにしか有りません。
 多くの国では、個人登録制度ですから、日本とは登録方法がまるっきり違う物なのです。
 それに最近の中国では、人口を抑制するための政策を取っているため、出生報告をしていない例が有るので、正確性が解りません。


 ☆ 入国管理法
 入管法とも呼ばれ、外国籍の人が、日本で滞在する許可証。
 俗に言う、結婚ビザの登録ですね、これには、有効期限がありますから、要注意です、最初の申請時と住所が変わっていなければ、問題はありませんが、住所が変わっている場合などは、ビザの延長時など、入管から連絡がある時に困りますから、郵便物の転送届けや、新しい住まい場所の、管轄入国管理事務所の所在を調べておくことを薦めます。


詳しくは入国管理局ホームページをご覧ください。

 このように、パスポートの有効期限の延長には大使館、もしくは領事館に申請するとか、ビザは入国管理局事務所、婚姻届や外国人登録証などは、各都道府県の市町村役所と、普段行かない役所も関ってくるということです。
関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blackeiigull.blog118.fc2.com/tb.php/31-827cdc2e

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。