天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際結婚の手続き

 手続きは、大きく分けて、2通りあります。

 日本国内で、すべての手続きをする方法。
 相手の国で手続きを済ませてから、日本での手続きをする方法。


 ☆ 国内でする方法について
 日本人男性の場合・まず、相手国の大使館(領事館)で、結婚許可証(出生証明・独身証明)など、その他の必要書類(パスポートのコピー、)婚姻届を提出、その後再度大使館にて彼女のパスポートの更新、最後に入国管理事務所にて、ビザの変更申請となります。

日本人女性の場合・最初に、相手方の国の法律に従って結婚手続きを先に済ませます。
その後、日本での手続きをすることになります。
 

☆ 相手国での手続き 
相手方の国で、先に結婚手続きをする場合は、逆に日本大使館等で、結婚許可証(独身証明等)を発行して貰い、所定の手続きを済ませます。
 所定の手続きについては、国により違いますから大使館で、詳しく聞いておくのを忘れないことです。
 その後、日本へ所定の書類を送って貰い、婚姻届を出し、必要書類を揃えて入管事務所へ結婚ビザの申請となります。
スポンサーサイト
 国際結婚では、日本人同士の場合と大きく違う点がいくつかあります

 日本人同士なら、役所に婚姻届を出せば、書類上の結婚は終了します。
 しかし、国際結婚の場合は少し違ってきます。


 結婚の手続きとダブル部分もあるので、簡単に書いておきます。

☆ 戸籍法
 まず 役所に婚姻届けを出すことは同じですが、戸籍の妻、または夫の欄に記載されることは有りません。
 なぜなら、結婚したからといって日本国籍に変わった訳では無いからです。
しかし、結婚暦として、私達日本人の戸籍には、どこの国の誰と結婚したと、記入されます。
 よく、結婚したのだから、入籍したのだろうと思いこむ人がいますが、もともと戸籍などというのは、中国・韓国・日本ぐらいにしか有りません。
 多くの国では、個人登録制度ですから、日本とは登録方法がまるっきり違う物なのです。
 それに最近の中国では、人口を抑制するための政策を取っているため、出生報告をしていない例が有るので、正確性が解りません。


 ☆ 入国管理法
 入管法とも呼ばれ、外国籍の人が、日本で滞在する許可証。
 俗に言う、結婚ビザの登録ですね、これには、有効期限がありますから、要注意です、最初の申請時と住所が変わっていなければ、問題はありませんが、住所が変わっている場合などは、ビザの延長時など、入管から連絡がある時に困りますから、郵便物の転送届けや、新しい住まい場所の、管轄入国管理事務所の所在を調べておくことを薦めます。


詳しくは入国管理局ホームページをご覧ください。

 このように、パスポートの有効期限の延長には大使館、もしくは領事館に申請するとか、ビザは入国管理局事務所、婚姻届や外国人登録証などは、各都道府県の市町村役所と、普段行かない役所も関ってくるということです。
パスポートとビザについて

夏・冬の休みには、数十万人、100万人以上かもしれませんが、海外旅行に行く時代です。

「今時、知らない人なんていないよ。」
まー 笑わずに見てくださいな。

海外旅行や、海外出張に行かれる方は、確かに増えてきました、40年前から比べたら、不景気で減ったとはいえ、すさまじい増加ですよ、でもね、たった40年程度なんですよ。
日本人の、一般的な海外旅行の普及は。
大陸の国のように、国境がなく、海に囲まれている日本、それだけ異国の地を踏む機会など多いはずも無いのです。


 仮に、夏・冬の休みに200万人が海外旅行に空港を利用したとしても数万人は日本在住だった外人だし日本人は、人口の2%にみたないのです。
また、多くの方はリピーターで、何度も海外旅行に行っているでしょう。
 まだ海外に行った事無い方のほうが圧倒的に多いので、ここで私達日本人が習得することを前提として、簡単に説明しておきます。


     >★ パスポートとは ★
 旅券と日本語で言うそうですが、これでは何の役目をするかわかりますか?
 外務省が発行する、海外渡航許可証の方が解りやすいと思うんですがね、とにかく国         外では唯一の身分証明書になります。
  また、入出国の記録証明、海外でのトラブルに巻き込まれた時などに、日本大使館          (大使館の役目は別の記事で紹介します)へ、連絡を取って貰ったり、保護を求めたり         する時に、重要な役目を持つ書類となります。
 海外旅行の際には、別にコピーを取って置く事をお勧めします。

    >★ ビザとは ★ 
 査証・これも解りずらいですよね、渡航先の国に発行して貰う、目的別滞在許可          証とでも言っておきますか。
 何となく理解できますよね。
 これは、大学や高校などへ留学で来る場合は、学生ビザ、結婚して同居する場合に          は結婚ビザ、というように滞在条件別に種類があり、種類ごとに細かく制限規定事項          があります。
 たとえば、日本の場合学生ビザでは、アルバイトなどの総合労働時間の制限があり、          それを超えれば不法就労であり、雇用する側もそれを超えることを要求したりするこ         とは禁じられています。
 勿論、それらを理由に給料を、日本人と差をつけることは、労働基準法で引っ掛かリ          ます。

 上記のように、互いに発行国が違う事、滞在期間・使用目的・有効期間などが違いますが、身分証の役目を果たすこと、日本人としての人権を尊重した扱いをして貰える(その国の法律にしたがってです、(海外で「日本の法律はこうなんだから、私は悪くない」と言っても通用しません)など、共通した部分もあります。
詳しくは、外務省ホームページをご覧ください、渡航先の情勢や注意点も載っているので目を通す方が間違いなくいいですよ。


私の友達で、行ったまではいいのですが、予防接種をしていかなかったために、帰国してから成田空港から病院に直行で、一月近く隔離された人もいますからね。

▽▽すべての下地が ここトゥモローにある

  ▽ 日本の高校通信教育で経験してみる



  ▽ 高校時代に留学経験してみようよ




  ▽ 海外でやりたいこと 日本を飛び出してみる



国際結婚とは

国際結婚について

ここで言う国際結婚とは、勿論日本人と外国籍の人との正式な結婚のことです。


日本に婚姻法が有り、婚姻した場合は、役所に届けを出すように、ほかの国にも結婚する場合の法律が有ります。

ほかの国の法律なんて知るわけ無いじゃないかと無視すれば、苦労するのはご自分です。自分が、これから何かをやる時には、必ず責任がついてきます。
最悪の場合、法で罰せられることもあります、私達日本人は、この点の考え方が甘すぎますので気をつけてください。


人に聞く、多くの場合は経験者に聞いて、物事を進めるでしょう。
しかし、ここに落とし穴があります。


たとえば、子供の国籍の習得方法、現在は改定されたそうですが。
日本人女性が子供を産んで日本国籍を習得するのは問題ありませんでした。


では、男性が海外主張中、または、外国籍女性が日本滞在中に、日本人男性の子を妊娠し、結婚前だったために、1度帰国して出産し、その後落ち着いてから結婚・来日した場合はどうなると思います。
この場合、胎児認知していれば、何も問題ないですが、胎児認知していない場合は、日本の戸籍法では、母親の国籍に準ずるということで、日本国籍を取れませんでした。


改定されたのに、敢えて書いた理由は。
逆に、日本人女性が外国籍の人と結婚し、外国に行く場合があるからです。


このように、同じ国際結婚でも、スタイルは色々です。
確かに結婚は、愛し合うもの同士の問題かもしれません、しかし離婚率も非常に高いことも事実です。
これを読んだあなたが、もし国際結婚を考えているのなら、私は、個人的には薦めませんが、文化も法律も異なる上に、言葉さえも違うのです、知らないことは、人に聞くだけではなく とにかく自分で調べることを心掛けてください。


  ☆ 本気で結婚を考えてる、貴方だからこそ ☆





 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。